快適に使うためのケア | 気になるインプラントや審美歯科|経験豊富なドクターに託すべし

気になるインプラントや審美歯科|経験豊富なドクターに託すべし

歯

快適に使うためのケア

入れ歯を使う上での豆知識

歯

総入れ歯や部分入れ歯を作る場合、通常は虫歯や歯周病などの処置が終わった後に型を取って形成します。虫歯治療などはその場で治療が終わりますが、入れ歯の場合は完成したら終わりではありません。自分の口に馴染むように数回の調節が必要になるのが一般的です。 完成したからといってそのまま使っていると、場合によっては痛みを生じたり、他の歯へ負担をかけてしまうこともあるので定期的に調整を行うことが大切です。 入れ歯はその性質上、菌が繁殖しやすく消毒をしたいと思うかもしれませんが熱いお湯では変形する可能性があるので洗うときはぬるま湯か水を使いましょう。歯磨き粉は研磨剤が入っているため傷がつきますので、浸け置きタイプの洗浄剤を使用するのが清潔に保つポイントです。

お手入れのときの工夫

部分入れ歯を使用している場合、最も汚れやすいのは隣の歯と接する部分です。金属の隙間に歯垢がたまりやすくなっているので念入りに掃除しましょう。部分入れ歯の場合でも総入れ歯の場合でも、就寝時など外している時には水の中に浸けて保管するようにしましょう。そのまま置いておくと入れ歯が乾燥して変形したりひび割れしやすくなります。一番おすすめなのは専用の入れ歯洗浄剤に浸しておくことです。定期的に洗浄剤に浸ける習慣を身につけておくことで、着色がつきにくくイヤな臭いやヤニによる黄ばみを防ぐことができるというメリットもあります。 また、入れ歯にも自分の歯と同じように歯石がつきます。特に部分入れ歯のバネの部分につきやすいので痛みを発生させることもあります。定期的に歯医者で歯石を取ってもらうようにすると入れ歯が原因での口内トラブルを防ぐことができます。